freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • btrax Staff

    btrax Staff

    Designers, engineers, project managers and interns. We have a multitalented team here at btrax, and freshtrax is where their voices are heard! Anyone can contribute as long as they have something interesting to say. :)

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Aug 16, 2017

transit

アメリカ各都市の公共交通機関をイラストにしてみた

新幹線や山手線など、多種多様な車両が多いことで世界的に有名な日本の公共交通機関であるが、車社会のアメリカでもいくつかの都心部にはバスや電車、地下鉄が発達している。サンフランシスコであれば、ケーブルカーが有名であるが、それ以外にも地下鉄や路面電車を含め多くの公共交通機関が利用可能。

交通機関はその都市のブランドアイデンティティ

旅行などで異なる都市に訪問した際に写真をとる。もちろん印象的な建物やそこに住む人々が被写体になるケースが多いが、電車やバスなどの車両も意外と景色の一部としての個性を生み出している。最近のアメリカの主要都市でUberやLyftなどのライドシェアサービスの発達で、無理にバスや地下鉄に乗る必要性が下がってきているが、やはりそこに住む人々が利用する交通機関の存在感は大きい。

sf-station
世界中のレトロ車両を集め再利用しているサンフランシスコの路面電車

CITY TRANSIT PROJECT

以前に紹介した「世界の路線図をイラストにしたクールなプロジェクト」に続き、Peter Dovakが今回はニューヨーク、ロスアンゼルス、サンフランシスコなどをはじめとして、下記のマップで記されている北米24都市の公共交通機関の車両デザインをイラストにしてくれた。
us-map
この、CITY TRANSITプロジェクトでは、マニアでなければあまり普段きにすることのない車両のデザインをそれぞれの都市ごとの特徴を感じられる綺麗なイラストに落とし込んでいる。このプロジェクトは2016年にスタートし、2017年の8月にリリースされた。

transit-mod

これを見てみると、都市によって全ての車両のデザインが統一されていたり、逆にカラフルだったり、かなり個性がある。面白いのは、例えばサンフランシスコであれば、バス、MUNIメトロ、地下鉄に加え、世界的に有名なケーブルカーや、世界中のアンティーク車両を集めて構成される路面電車、対岸のオークランドやサウサリートを結ぶフェリーのイラストも加えられているところ。同じくニューヨークやボストンもフェリーが含まれている。

関連記事: 世界の路線図をイラストにしたクールなプロジェクト

サンフランシスコに拠点を持ちませんか?

イノベーションの本場サンフランシスコに本社を置くクリエティブ・エージェンシーbtraxは、デザインをメインにしたコーワーキングスペース、D.Hausを運営しています。

D.Hausはデザイン的視点から日本企業と地元のスタートアップがコラボレーションを行うことを目的に、2015年10月1日よりサンフランシスコに開設されているオフィススペースです。単なる作業スペースだけではなく、最新情報の提供やメンターシップ、イベントを通じ、ヒトと技術をデザインで繋ぐ事により、イノベーション創出の為のプラットフォームを実現します。

D.Hausのご利用により敷金、礼金、保証金無しでサンフランシスコにオフィスを持つ事が可能です。詳細、資料請求等は公式サイトまで。

 banner-research 

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有