【スタートアップ募集中!】5月24日開催『DESIGN for Innovation 2017-デザインが経営を加速させる-』詳細はこちら>>

freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • Brandon K. Hill

    Brandon K. Hill

    CEO of btrax, Inc

    CEO of btrax, Inc - Design Mentor to Startup Weekend - Contributor to TechCrunch Japan - Guest Speaker at UC Berkeley Asia Business Conference - Guest Speaker at Social Media Week Tokyo - Guest Speaker at 500Startups Japan Day

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Jun 23, 2016

main-pic

シリコンバレーに来るならスーツは着ない事

日本からビジネス目的でアメリカに訪問される方のが多くが国内での常識に合わせスーツを着用している事が多い。しかし、こちら西海岸では、スーツを着ている人を見る事が非常に少ない。特にシリコンバレーエリアだと、天候が良い事もあり、一年中Tシャツとジーンズで仕事をするのが一般的である。

少しフォーマルな場所に行く場合であってもビジネスカジュアルと呼ばれる、ジーンズにジャケットやスラックスにワイシャツなどのスタイルが多く、上下が揃ったスーツで決める事はかなり稀である。

カリフォルニアでスーツを着ているのは、金融系か弁護士、そしてセールスマンか就活中の人等の少数派になるので、テクノロジー系の企業が密集するこの地域では、逆にとても浮いてしまい違和感を持たれる。

サンフランシスコのカフェでスーツでWindowsのパソコンを使っていると不審者に見える。スタートアップのイベントにスーツで入ろうとすると怪しまれて入り口で止められる可能性もある。

米国でのこのカジュアルなスタイルは特にシリコンバレーを中心とした西海岸に多く、特にテクノロジー系のスタートアップ企業ではかなりスタンダードとも言える。そもそもスタートアップ系の人達はコーポレート (大企業) に対する反逆意識が強いので、スーツを着る事を極力避けようとするし、ネクタイをする機会などオシャレなパーティーの場ぐらいしか無い。

スティーブ・ジョブスが生前愛用していたジーンズに黒のタートルネック、白のスニーカーの組み合わせもこの辺りではカジュアル過ぎるという事は全く無い。フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグも一年中同じデザインのTシャツやパーカーを着ている事で有名。

J
マーク・ザッカーバーグのクローゼットの様子

 
その一方で、ニューヨークを初めとした東海岸や多くの大企業では、日本の企業と同じく、スーツを着る事が常識とされているケースも少なくはない。

やはりビジネスの場においては、スーツを着る事が日本でも米国でも一般的にはいまだにスタンダードとされている。これに対して、最近興味深い研究結果がカリフォルニア州立大学ノースリッジ校から発表された。

同校の研究によると、スーツを着ている人の特性は、

  • 権力を誇示したがるが、他の従業員とのコミニュケーション量が少ない
  • 物事の詳細よりも概念的な考え方をしがち
  • 具体的なデータや事実ではなく主観に頼った決断をしがち

である事が判明したという。

これらの特性は、いわゆる大企業病と呼ばれる内容に似ている。反対に速いスピードで物事を進めるスタートアップの人々は、個々のステータスよりもチームワークを、全体的な概念よりもプロダクトの詳細を、主観よりもデータや事実に基づく決定を重要視することから考えても、彼らにとってふさわしい格好を職場でも実践していると言えるだろう。

米国の大企業の一部でもスタートアップ的カルチャーを推進する為に、スタッフにこのカジュアルなファッションスタイルを推奨する動きも出て来ている。GoogleやApple、Facebookなどのシリコンバレーの多くの企業が次々に速いスピードでイノベーションを生み出している事にならい、まずは見た目からスタートアップ的カルチャーを根付かせることで、イノベーションを喚起しようと言うのが狙いである。

実はこのスタートアップ的ファッションスタイルとその効果については、アメリカに先駆けて、日本国内でもかなり以前より一部の人々によって実践されていた方法である。かつて日本発のノベーターの代名詞であった本田技研の創設者、本田宗一郎氏は現役時代自ら他のスタッフと同じ純白のつなぎを着て、現場にて若手スタッフと一緒に汗を流した。社長も他のスタッフと同じ服装にする事で、同じチームの一員としての意識を根付かせ、無駄な緊張感を排除するのが目的だったという。これは正に現代のシリコンバレー周辺のスタートアップが行っている方式と類似している。

日本からスーツでこちらに来ようと考えている方は、是非カジュアルな服装の準備も併せて行う事をお勧めする。そうする事で現地の人々とも違和感無くとけ込む事が可能になるし、イベントや訪問でも彼らとのコミュニケーションを円滑に進める事がしやすくなる。

また、現代の日本の職場でも服装のカジュアル化が少しずつ進んでいるが、イノベーションを生み出したい企業は、思い切ってスタートアップ型ファションスタイルを取り入れてみるのも良いかもしれない。

テクノロジー系の地域でスーツを着るほど馬鹿げた事は無い。Tシャツとジーンズで必死にプロダクトを作っている若者がスーツを着ている大人に心を開くもんか – Dave McClure


 

ヒトと技術をデザインでつなぐコミュニティワークスペース in San Francsico

banner-dhaus 

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有