freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • Brandon K. Hill

    Brandon K. Hill

    CEO of btrax, Inc

    CEO of btrax, Inc - Design Mentor to Startup Weekend - Contributor to TechCrunch Japan - Guest Speaker at UC Berkeley Asia Business Conference - Guest Speaker at Social Media Week Tokyo - Guest Speaker at 500Startups Japan Day

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Jun 29, 2018

pixar-main

ピクサーのデザインチームが重要視する4つのプロセス

トイストーリー、ファインディング・ニモ、カーズなど、次々とヒット作品を生み出すピクサー。サンフランシスコ近郊にあるこのスタジオでは非ハリウッド的な手法を用いてオリジナル作品を生み出している。それも、3Dアニメという新しいジャンルを確立させ、その世界観をどんどん広げている。

そしてピクサーは、クリエイティブの質とビジネス結果の両立を実現させた稀有な存在の会社でもある。ワクワクを生み出すための独特なカルチャーや、それをしっかりとしたビジネスとして成り立たせるためのプロセスには学ぶべき部分が非常に多い。

なぜピクサーは、毎回あれほどまでの心を揺さぶる作品を作り出せるのであろうか?以前のインタビューでも「ストーリーこそがキング 」と語られた通り、彼らはストーリーを非常に大切にしていることがわかる。

参考: 日本のアニメに憧れる社員が語るピクサーの裏側【インタビュー】グラント・アレクサンダー

実はそれに加えて、その裏には魅力的な作品を作り出すために、彼らが最も重要視し、必ず死守している知られざる4つのデザインプロセスが存在した。

結果を生み出すためにピクサーチームが大切にしているデザインプロセス

クリエイティブワークはインスピレーションとセンスが重要だと思われるケースが多い。しかし、安定したペースで高い品質の作品を生み出すためには、しっかりとしたプロセスを作り、それを全社に共有し、活用する。ピクサーでは、そのプロセスの重要性を理解しているからこそ、毎回ハズレのない作品を生み出せているのだろう。

1. 徹底したリサーチを行う

デザインやクリエイティブの仕事になると、ついついアイディアを形にすることをすぐに始めてしまいがちであるが、ピクサーでは、その前に徹底的なリサーチを実行することがチームのプロセスになっている。これはサービスやプロダクト作りにおける市場リサーチやユーザーリサーチにも共通する。

その点において、ピクサーでは、コミカルながらも細部にもこだわったリアル感を出すために、その作品のチームが実際に自分たちの目で見て体験をすることをプロジェクトにおける最初のプロセスの一つとして捉えている。

例えば「カーズ」を作る際には、チームが自動車について徹底的に学ぶために、Motoramaと言われる社内イベントを開催。そこでは、車好きのスタッフがクラシックカーやスポーツカーをオフィスに持ち寄り、チームメンバーが自動車に関して細部まで徹底的に観察をし、作品内のキャラクターに反映している。それにより、どんな自動車マニアが見ても突っ込みどころの無いレベルにまでクオリティーを上げているのだ。

また、作品中に出てくるルート66に実際に出向き、体感することでリアルな風景を元にファンタジックな世界観を実現している。

moto

2. チーム間のコラボレーションを大切にする

ピクサーでは、プロジェクトメンバーかどうかに関係なく、スタッフ同士が一つの場所に集まりアイディアを出し合う「ブレイントラスト」と呼ばれるセッションを行なっている。それにより、異なるバックグラウンドの人たちがそれぞれの視点から解決策を提供することが可能になる。

同じく、デザインプロセスにおいても、それぞれのデザイン工程において異なる役職のスタッフがフィードバックを出せる仕組みを採用している。例えば、キャラクターのスケッチをアニメーターやモデラー、テクニカルデザイナーなどにも共有し、よりクオリティーをあげるためのディスカッションが生まれる。

一つの仕事をそのエキスパートだけではなく、他の役割の人から客観的な意見やアイディアをもらえる仕組みが存在している。これはUXデザインのプロセスにおける、相互機能を持つチーム作りとも共通している概念だろう。

team

3. 細部にこだわる

ピクサーは細部に最もこだわったスティーブ・ジョブスが率いた会社にふさわしく、そのデザインプロセスに彼の哲学が脈々と流れている。例えばピクサーでは全ての作品に対して「魅力的である事」と「信ぴょう性」を重要視している。

それらを実現するために、細部にも妥協を許さない造り込みが行われる。一見コミカルに見えるキャラクターの背景が妙にリアルだったりするのもこの哲学を大切にしているから。例えば、トイストーリーで出てくる緑色の軍隊の軍服や武器、動きが極限まで作り込まれていたりする。

それは「カールじいさんの空飛ぶ家」でもしっかりと受け継がれており、冒頭の20分の妻を亡くした爺さんのシーンで感情的にならないオーディエンスはいなかっただろう。作品の冒頭から細部まで作るこまれた世界観にオーディエンスを引き込む事で、その後のストーリー展開の効果を最大化させている。

細部まで手を抜かないことで、作品の魅力と信ぴょう性が格段にアップし、見る人の心を揺さぶる事が可能になってくるのだ。このことからもわかる通り、ピクサーのデザイナーには極限まで追求するこだわりが必要とされてくる。

detail

4. なるべくシンプルに

物事の本質を追求し、できるだけシンプルな方法でアウトプットする。これはデザインにおける一つの究極のゴールである。ピクサーでも、”Simplexity”と呼ばれる概念があり、複雑なものをできるだけシンプルな要素まで落とし込むことが良しとされる。

例えば、人間の頭の中を舞台とし、そこに住む「喜び」「悲しみ」「怒り」「嫌悪」「恐れ」の5つの「感情」を題材とした「インサイド・ヘッド」この作品内では、キャラクターの感情を極力シンプルに表現するために、全てのキャラクターに対し、怒りを正方形で、悲しさを涙の形で、恐れを長方形と統一した。これは「カーズ」でもキャラクターの目の動きに対して、同じようなコンセプトでシンプル化させるテクニック。

感情表現を統一化することで、オーディエンスはわかりやすさと安心感を感じ、それ以外の部分でキャラクターの個性を出すことで、分かり易さと魅力の両立を図っている。「デザインはシンプルな方が良い」ピクサーでもこのコンセプトを体現している。

simple

まとめ: 優れたデザインの裏には優れたプロセスが存在する

「デザイン=一瞬のインスピレーション」と思われがちであるが、実は優れた作品やプロダクトの裏には必ずしっかりとしたデザインプロセスが存在している。そこでは、入念なリサーチ、チーム間のコラボレーション、細部にまでこだわり、本質を見極めたシンプルなアウトプットが重要である。

ピクサーのデザインチームが採用しているこのデザインプロセスは、どのようなデザインの現場も通用すると思われるほど普遍的なものであると感じる。

 

筆者: Brandon K. Hill / CEO, btrax, Inc.

■ About btrax ■

btraxはサンフランシスコと東京に拠点に置くデザイン会社です。イノベーションデザインサービスを通して新たなユーザー体験を生み出すことで新たな事業の創出に貢献いたします。これまでに国内外合わせて300社以上の実績があり、自動車、メーカー、小売、食品、テクノロジーなど幅広い分野においてサービスを提供しています。

  • Products and Service Development
    アメリカ西海岸で新しいビジネスの可能性を模索し、プロダクトやサービスの開発を提供
  • Brand Development and Growth Strategy
    既存のブランドを世界で通用するブランドに成長させ、米国でのブランド構築及びユーザー獲得を行う
  • Innovation Workshops
    チーム全体でグローバルイノベーションの創出プロセスを習得するワークショップ型プログラム in San Francisco


Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有