【スタートアップ募集中!】5月24日開催『DESIGN for Innovation 2017-デザインが経営を加速させる-』詳細はこちら>>

freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • btrax Staff

    btrax Staff

    Designers, engineers, project managers and interns. We have a multitalented team here at btrax, and freshtrax is where their voices are heard! Anyone can contribute as long as they have something interesting to say. :)

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Dec 30, 2016

shutterstock_323772791 (1)-min

2016年に話題: ユーザー体験を軸としたイノベーティブな企業8社

2016年も残りあとわずか。今年はテクノロジー業界から政界まで様々な変革が起きた年だったと言えるだろう。フィンテックやAI、VRといったバズワードが広がり始め、ARを活用したポケモンGo、そしてAmazonの新星であるダッシュボタンと次々に新たなテクノロジーが生まれた。もちろん、誰もが驚いたTrumpの当選も世間を騒がせたトレンドの一つ。

今回はそんな躍動の2016年にUXを軸としたイノベーションで注目を浴びた企業8社をご紹介したい。

1. Dyson

バキューム掃除機からヘアドライアーまで

ジェームス・ダイソンによって創業されたダイソンはイギリスの美しい田舎にオフィスを構えている。エンジニアたちに何百回も失敗する自由を与えることで、世界でもっとも革新的な企業のひとつを築いてきた。掃除機で有名な企業だが、現在はその技術を活かし、ヘアドライアーの開発にも成功している。

ダイソンの失敗を恐れない性格は絶えず新しい商品をテストすることを可能とした。1番有名な商品は10年前に作られたフィルターを交換する必要のない掃除機だが、いまだ企業の売上の70%はその商品で成り立っている。その商品の殆どが日々改良され、どんどんよい商品が生み出されている。

それにもかかわらずダイソンはAirbladeヘアドライヤー、加湿器、空気清浄機付きファン等をヒットさせた。最新の超高速ドライヤーの開発に7100万ドルを開発に費やし、1つ400ドルで販売する予定である。

スクリーンショット 2016-12-29 21.47.07-min

2. CLASSPASS

エクササイズのサブスクリプション

2013年にパヤル・カダキアよって創業されたクラスパスは、エクササイズ教室を利用する人のためのサブスプリクションサービスである。クラスパスに登録すると月額190ドルで登録されているヨガ、ダンス、フィットネスなどの教室に通うことができる。

同社は急激に成長したが、まだ最適なビジネスモデルを見つけるために取り組んでいる。過去2年間で、無制限パスの価格を月額99ドルから125ドル、190ドルと設定しており、フィットネススタジオとユーザー間の最適な価格を模索している。
2

3. MASTERCARD

パスワードに変わる顔認証

マスターカードはカードの決済時に顔認証ができるアプリケーションを開発した。このシステムを使うことで、オンラインで買い物をする際にカード番号を打ち込んだり、パスワードを入力するのではなく、顔のキャプチャを認識させるだけで決済ができるようになるという。

この本人確認のシステムはiPhoneの指紋認証システムとよく似ており、いくつかの角度から写真を撮ることで顔を登録することができる。担当者のバハラ氏は生物測定学に注目しており、パスワードを入力するより安全であると言及している。生物測定学は注目されている分野であり、顔認証の他にも目の虹彩、音声認識や心臓の鼓動も人によって違うという。

4. Airbnb

体験を予約できる新サービスを発表

Airbnbは、空き部屋をシェアしたいオーナーと部屋を探している旅行者をつなぐオンラインプラットフォームである。弊社のブログでもAirbnbの事例をいくつか取り上げている。今年Airbnbは部屋をシェアするサービスに留まらず、11月にロサンゼルスで行われたオープンカンファレンスでは「オールインワン・トリップ・プラットフォーム」に変えるための新サービスが発表された。

いくつかの施策の中で1番影響があるものは「体験を予約できる」サービスである。このプラットフォーム内で旅行先のサイクリングガイドの予約や茶道教室までも予約できる。

旅行者とホストから行った調査により、旅行へ行った人が地元民のアドバイスなしではその地域でオススメなものを見つけるのが困難なことがわかっていた。それを共有するためのシステムとして体験を予約できるサービスを開発された。

スクリーンショット 2016-12-29 21.59.43-min

【関連記事】
デザイン最優先のAirbnbがユーザー獲得のために行う3つのマインドセット と4つのコアプロセス
デザインがビジネスに与える影響 〜収益週200ドルのAirbnbが急成長した秘訣とは〜

5. Blue Bottle Coffee

コーヒー業界のイノベーター

Blue Bottle Coffeeは、“焙煎後48時間以内のものしか提供しない”、”コーヒーを入れる際は1カップずつ丁寧に注ぐ”といった独自の”こだわり”を持つコーヒーショップで知られているが、実はそのスタイルは日本の喫茶店文化に影響されたと言われている。

今年の10月に開催された中目黒店のオープニングパーティを訪れた際、ファウンダー兼CEOのJames Freemanに話を聞くことができた。なぜ日本の喫茶店に影響を受けたのか聞いたところ、「喫茶店のマスターが静かな空間の中でコーヒを丁寧に注ぐ姿を見て、とても素晴らしいと感じた。時間をかけても美味しいコーヒーを提供しようとする、その思いやりに心を打たれて、その文化をBlue Bottle Coffeeに取り入れたいと思い日本のマーケットに進出することを決めた」と語る。

店舗数を多く持ち、スピーディーなサービスを心掛ける大型コーヒーチェーン店は異なり、限られた店舗数で、丁寧にコーヒーを作ることを自身のこだわりとするBlue Bottle Coffeeはコーヒー業界にイノベーションを起こしたと言っても過言ではないだろう。

3

6. Slack

ビジネスチャットとクラウド型CRMのコラボレーション

ビジネスチャットプラットフォームを提供するSlackは、今年の5月にデイリーアクティブユーザーが300万人から400万人に増加したことを発表。

そんな着実にビジネスを拡大しつつあるSlackだが、今年からクラウド型CRMプラットフォームを提供するSalesforceとの提携に乗り出したため、ユーザーは自社の顧客データやセールス動向をSlack上で見ることが可能となった。また、Salesforceのデータをボットを活用して引き出すことができるのも大きな利点だ。

4

【関連記事】
Slack成長物語 〜世界のユーザーに愛されるプロダクト舞台裏〜

7. DIDI CHUXING

Uber Chinaの買収後は、自転車レンタルスタートアップOfoとの提携

DIDI CHUNXINGは3,400万ドルの収益が見込まれるカーシェアリングをサービスモデルとする今注目の中華系企業。今年Uber Chinaを買収したことで注目を浴びたが、それを受けて乗車料金が一気に上がり顧客を失うのではという懸念もある。しかし、その一方で新たなマーケットの開拓にも乗り出し、自転車のレンタルサービスを提供する北京のスタートアップ、Ofoと提携することになっている。

5

8. Fitbit

業界シェアナンバー1の王者

ウェアブルデバイスの火付け役と言っても過言ではないFitbit。今年のCESで新たなスマート・フィットネスウォッチ、Fitbit Blazeをローンチした。昨年AppleがApple Watchをローンチし大いに脚光を浴びたのにも関わらず、Fitbitは特に影響も受けず未だウェアブルデバイスの業界シェア1位のまま。フィットネス専用にデザインされた美しくも機能的なデザイン、そして60ドルから250ドルといった幅広い価格帯がFitbitファンを生み出すキーファクターなのかもしれない。

スクリーンショット 2016-12-29 20.40.26-min

まとめ

いかがだっただろうか。イノベーティブと呼ばれるどの企業も一度の成功で満足せず、常に新しい取り組みを行なっている。成功している時ほど、新しいことに挑戦するよい機会なのではないだろうか。保守的な考えに収まらず、失敗を恐れない気持ちを忘れないでいたい。

参考記事:
Updates From Our Most Innovative Companies
Airbnb’s Cofounder Opens Up About The Company’s New ‘Experiences’ Features
The world’s most Innovative companies

筆者: Mariko Higuchi / Kayo Sasaki , Marketing Specialist , btrax, Inc.

【5月24日(水) 東京にてDESIGN for Innovation 2017を開催】

2017DFIbanner

5月24日(水)にNagatacho GRIDにてDESIGN for Innovation 2017 ~デザインが経営を加速させる~ を開催します。ビジネスシーンにおけるデザインの重要性を学ぶ絶好のチャンスです。ぜひこの機会にご参加ください。


日時: 2017年5月24日(水) 10:30-20:00
会場:
Nagatacho GRID(東京都千代田区平河町2-5-3)
定員: 200名
チケット: 4,000円〜13,000円

日本の企業に世界最高のイノベーションメソッドを

イノベーション創出サービスを提供するbtraxでは、イノベーションの最先端を行く本場サンフランシスコ・シリコンバレーにて、デザイン思考や、ユーザー中心デザインなど、新プロダクト・サービス発案のメソッドを通じ新規事業の創出サポートを提供しています。このプログラムはイノベーションを生み出すための人材開発にも貢献します。

海外展開のノウハウ、スタートアップ企業とのネットワーキング等も直接体験をするイノベーションブースターの詳細はこちらから。資料請求はお気軽にtokyo@btrax.comまでご連絡下さい。

 

ヒトと技術をデザインでつなぐコミュニティワークスペース in San Francsico

banner-dhaus 

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有