【スタートアップ募集中!】5月24日開催『DESIGN for Innovation 2017-デザインが経営を加速させる-』詳細はこちら>>

freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • Kayo Sasaki

    Kayo Sasaki

    Marketing Specialist

    Marketing specialist at btrax, having a huge a passion for technology, startups, design and social media. A dream seeker, hula enthusiast and sometimes a movie nerd.

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Apr 4, 2016

main-pic

Airbnbの創設者に学ぶストーリーボードの必要性

「ストーリーボード」いう言葉を聞いた事があるだろうか? デザインの現場では必ずといって利用される重要なプロセスであるが、最近ではビジネスやプロダクト開発の場においても非常に重要になって来ている。

本来のストーリーボードが一般的に指すものは、映画やアニメーションなど映像作品を作るために必要な絵コンテのこと。ストーリーボードを描くことでシナリオがビジュアル化され、作品全体がより明確になる。通常4コマ漫画のようにコマごとにストーリーを描いていくのだが、今回取り上げるのはアイデアそのものをビジュアル化したストーリーボードだ。

映像業界で長年利用されて来たたこのストーリーボードであるが、現在はデザインやビジネス、商品企画の現場でも利用されているケースが増えている。

今回はAirbnbの創業者、Joe Gebbiaが社内で実践しているストーリーボード活用法を通してビジネスシーンでどのようなベネフィットがあるのか紹介したい。更には、まだ試したことがないという方には、これを機に是非一度自分のストーリーボードを生み出していただきたい。

関連記事:デザインがビジネスに与える影響 〜収益週200ドルのAirbnbが急成長した秘訣とは〜

なぜストーリーボードが必要なのか?

実はこのストーリーボードはJoe Gebbiaだけではなく、多くのアントレプレナー達によって提唱されている。その理由として、頭の中に潜在しているアイデアを具現化していくことは彼らにとって必要不可欠な過程だからである。

今では世界中で利用されているAirbnbだが、全ての始まりは急激に値上がりしたアパートの家賃を自分たちで払えないことから、アパートのスペースに朝食をつけたサービスを販売したこと。その後ファウンダー達はこれをビジネスにしようと考え、事業展開に向けたストーリーボードを描く。その結果会社全体が共通のビジョンを持ち、190ヵ国以上で利用されるほどの大規模な事業展開を成し遂げたというわけだ。

関連記事:シリコンバレーのキーパーソン3人が語る、次世代イノベーションとは

Airbnbではエンジニアやデザイナー、それぞれのスタッフがAirbnbで実現させたいことをストーリーボードにしてオフィスに飾っている。そうすることによって、スタッフ間で共通のビジョンを持つことができるからだ。つまり、ストーリーボードをビジネスシーンで利用することにより、アイデアをビジョンに変えて課題や目標の明確化するだけではなく、次に起こすべきアクションを見つけ出すこともできるのだ。

Airbnb Co-founder, Joe Gebbiaのスピーチ

ストーリーボードの描き方

ストーリーボードの必要性はなんとなくお分かり頂けただろうか。それでは、今度はストーリーボードを実際に描くために必要なポイントをいくつか挙げたい。

  1. まず初めに、目をつぶり自分のアイデアが現実になった時のことを思い浮かべる
  2. 次に、イメージを膨らませながらストーリーボードを描いていく
  3. ストーリーボードに必ず自分自身を入れる
  4. どこにいるのか、いつなのか、誰と一緒にいるのか、どんなことが起きているのか等、できる限り詳細な情報を足していく

storyboad01

Joe Gebbiaが実際に描いたストーリーボード

上のストーリーボードから分かるように、時間や場所、どんなことが起きているのか、多くの情報が盛り込まれている。ちなみに、ストーリーボードを描く上で一番大切なのは、絵が上手に描けるか否かではない。どれだけ鮮明なイメージを持つことができるか、そしてイメージを思い浮かべるときは必ずポジティブになることが重要。ストーリーボードを描く段階で課題を見つける必要はなく、むしろ楽しみながら未来を構想していくことが大切だ。

ビジョンから現実に

さて、どうしたらビジョンを現実にすることができるのか。その方法はとてもシンプルで、自分が24時間以内に出来る1つのことを見つけ出し、行動に起こすということ。Airbnbのあるエンジニアを例に挙げよう。彼のビジョンは100人のオーディエンスを前にコーディングについてのビジネスカンファレンスを開くというもので、ストーリーボードを描いた後カンファレンスのオーガナイザーに電話をしたところ話が進み、2ヶ月後には彼のアイデアが見事実現した。

彼の場合は電話を1本かけることだったが、メール送信、ミーティングの設定、セミナーの受講、必要なアプリのインストール等、どんな些細なことでもいいので、まずはアクションに移すことが何よりも重要だという。

storyboad02
Airbnbのエンジニアが描いたストーリーボードと実際にカンファレンスを行った時の写真

まとめ

この記事を読んでいて、「じゃあストーリーボードを描けばどんなアイデアも実現するのか?」と思われるかもしれない。もちろん答えはNOで、この手法を試したからといって全てのアイデアがその通りになるという保証は一切ない。ストーリーボードは決して”最後の切り札”ではなく、むしろアイデアを具現化するツールにすぎず、何よりも大切なのはアイデアをビジュアル化した後にとる行動である。

ちなみに、弊社では以前より”デザイン思考”を提唱させて頂いているが、ストーリーボードもこの一部であると考えられる。ビジネスにおいてクリエイティブな発想が必要とされる昨今、スタッフ一人一人の自由な発想が新たなプロダクトやサービスをきっかけになるのではないだろうか。そのクリエイティブなマインドをビジュアル化していくために、まずはストーリーボードから始めてみてはいかがだろう。

関連記事︰デザイン思考入門 Part 5-Prototype 今さら人に聞けないプロトタイプの作り方
写真︰Joe Gebbia: Executing Your Idea Starts With a Small Single Step


日本の企業に世界最高のイノベーションメソッドを

イノベーション創出サービスを提供するbtraxでは、イノベーションの最先端を行く本場サンフランシスコ・シリコンバレーにて、デザイン思考や、ユーザー中心デザインなど、新プロダクト・サービス発案のメソッドを通じ新規事業の創出サポートを提供しています。このプログラムはイノベーションを生み出すための人材開発にも貢献します。

海外展開のノウハウ、スタートアップ企業とのネットワーキング等も直接体験をするイノベーションブースターの詳細はこちらから。資料請求はお気軽にtokyo@btrax.comまでご連絡下さい。

 

ヒトと技術をデザインでつなぐコミュニティワークスペース in San Francsico

banner-dhaus 

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有