freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • Jozen Yamamoto

    Jozen Yamamoto

    Market Entry Assistant

    A Market Entry Assistant at btrax with a strong focus on cross-cultural content marketing and branding. I have a key role in organizing major btrax projects and events such as D.Haus, JapanNight and other miscellaneous workshops.

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Dec 9, 2015

main-pic

デザイン思考入門 Part 4 – Ideate あなたのアイディアはもっと面白くなる

2016年を迎えようとする現在、“デザイン思考”の注目度は高まり続けている。しかし、その注目度は高まる一方、具体的なプロセスやビジネスへの活用方法を正しく理解している人が増えているわけではなさそうだ。実際、デザイン思考は、マーケターだけでなく、営業・企画・戦略・技術部門の方まで幅広く使用できる。

今回は「デザイン思考入門 Part 4」として、イノベーションを起こすアイディアの出し方について記載していく。なお、今回の記事は弊社CEOが第13回 btrax主催オンラインセミナー:「デザイン思考入門」Part4にてお話ししたことを元にしている。

関連記事:

まずはじめに、デザイン思考の全体のプロセスを確認しよう。

■ デザイン思考のプロセス

Design-Process

  1. Empathize : ターゲット、ユーザーを設定し、理解する
  2. Define : ユーザー視点で具体的なニーズを選定する
  3. Ideate : ニーズ解決のためのアイディアを沢山だす
  4. Prototype : 選んだアイディアを元にプロトタイプを早いスピードでつくる
  5. Test : プロトタイプを元にユーザーに対してテスト

 

今回は3つ目のプロセスである、”Ideate”に焦点をあて、イノベーションを起こすアイディアの導きだし方について詳しく記述していく。Ideateの段階では、出来るだけ沢山のアイディアを出すことが最も重要になってくるのだが、その前に一つだけ、最終的な目的であるイノベーションについての理解を深めておこう。

■ デザイン思考から生まれるイノベーション

オグルヴィ・アンド・メイザーのファウンダーであるDavid Ogilvyは、「LeaderとFollowerとを分けうることこそがイノベーションである。」と述べた。確かに、イノベーションの定義は、”新しいアイディアから新たな価値を創造し、大きな価値をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革”であることをみても、間違っていない。しかし、これだけ聞くと、多くの人は自分には無理かもしれないと尻込みしてしまうのではないだろうか。

しかし、心配する必要はない。実際、製品、サービス、環境そしてデジタルエクスペリエンスのデザインへの支援で世界を牽引するIDEOはイノベーションをもっと身近な方法で定義づけた。

IDEOが唱えるデザイン思考からのイノベーション

freshtrax--DT-Ideation--Ideo
上の図がIDEOが定義づけるイノベーションである。言葉で説明すると、「有用性」、「ビジネスの妥当性」、「技術的実現性」の3つが重なるところに生まれるものがイノベーションであるというのだ。ただし、決して容易だといっているわけではない。
では具体的にこれら3つを満たすアイディアはどのようにして生み出すのだろうか。

■ 4つの切り口でアイディアは次々と浮かぶ

Y CombinatorのPaul Grahamは、イノベーションを起こすアイディアを生み出すため「未来を創造し、その世界に足りないものを創ること」を念頭に置いている。確かに的を得ているのだが具体的に何をすればいいのか分かりにくい。そこで、アイディアを出しやすくするアプローチ方法を以下にまとめようと思う。

・基本3要素

  1.    User Needs :ターゲットのニーズをベースに (ターゲット選定の仕方
  2.    Trending Service Model : 流行のサービスをベースに
  3.    Market Size : 市場規模の大きさをベースに

切り口をこれら3つのどれかにするだけで驚くほどアイディアは出しやすくなる。良いか悪いか、実現可能かどうかはおいといて、まずは浮かび上がったものを全て書き留めておこう。

アイディア出しのアプローチはこれだけではない。今、サンフランシスコを騒がしている最新で効果的なアイディエーション方法を紹介しよう。

Business Idea Cheat Sheet を使う

Business-Idea-CheatSheet

上の図は、新規事業アイディアを出すアプローチとしてサンフランシスコで今最も注目されているシートだ。黄色で囲んだ横軸には、世界的知名度を誇るサンフランシスコ発の巨大スタートアップ(Uber, Tinder, Birchbox, Airbnb)が並び、青で囲んだ縦軸には、生活に身近な単語が並べられている。(縦軸はあまりにも長いため割愛しているが、画像をクリックすれば原画をみることができるのでご心配なく。)

この図の使い方をざっくりと説明するとすれば、タクシー配車アプリとして有名なUberにFoodをかけ合わせたようなサービスを生み出そうというアイディアを考える前に、Postmatesというサービスが既に存在するということを一目で見て取ることができる。逆に、AirbnbとMessageをかけ合わせたようなサービス案をあなたが思いついたとすれば、そこには競合がいないため勝機はありうる、といった具合に使える。

横軸の企業を変えたり、縦の単語を追加したりすることで、自分なりのリストをつくることもできるので、アイディアを出すときの一つの切り口として覚えていて損はないだろう。簡単ではあるが、これら方法で考え始めるだけでも次々とアイディアは出てくる。ここまで出来たら、今度は浮かび上がった沢山のアイディアをふるいにかける作業に入る。

■ アイディアを磨く8つの質問

先ほどのアイディア出しの作業とは違い、ここからの作業はかなりシビアだ。せっかく出したアイディアを削る必要がある。この行程は辛いが、沢山のアイディアを削り、磨いくことでこそ、イノベーションを起こすアイディアは生まれる。では、実際にどのような観点からアイディアを見つめ直すことが必要なのだろうか。以下の8つを質問項目を満たすことが出来れば質の高いアイディアと判断できるだろう。

  1.  技術的に現実性を帯びているのか?(Technical viability)
    ”タイムマシン”や”どこでもドア”を実現することが出来れば間違いなくイノベーションだ。しかし、今の技術では実現可能性は限りなく低い。あなたのアイディアはそうなってないだろうか?
  1.  違法性はないのか?(Legal viability)
    そのサービスが違法であれば、切り捨てよう。合法なら問題無し。グレーなら見当の余地あり。ちなみに、サンフランシスコ発のスタートアップであるUberなどは法律的にはグレーと言われていたが、大成功を収めている。また、地域によって合法か否かは変わってくる。たとえばサンフランシスコではマリファナのデリバリーサービスは有名な投資家から出資されている。このように、日本では無理でも海外では可能なこともある。
  1.  費用的実現性はあるか?(Financial viability)
    宇宙事業を例にすれば、テスラのCEOであるイーロン・マスクは莫大な費用がかかる宇宙事業も手がけることができる。しかし、あなたにそれほどの財産がある、または出資を確保することができるのだろうか?
  1.  ターゲット市場のニーズに合っているのか?(Market viability)
    北極で氷を売っても売れない”という言葉があるように、その市場のニーズを満たしているのかどうなのか再度確認しよう。
  1.  ユーザーにどう提供するのか?(Logistic viability)
    Webサービスやアプリであればオンラインでダウンロードが可能だが、ハードプロダクトである場合は、配送方法、関税などなど調べておく必要がある。
  1.  過去にそのアイディアで失敗した人がいるのか?
    過去に失敗した人がいれば避けるのがセオリーだったが、まだ大丈夫。時代が違えば受け入れられることもある。例えば、15年前に失敗に終わったフードデリバリーサービスも今ではタクシー配車サービスで有名なUberがUber for Food として成功させているように、何故失敗したのか、今の技術、ネットワークでは成功させられないかも考える余地はある。
  1.  ある企業の独占市場ではないか?
    ターゲット市場を独占している巨大企業があれば競争は難しい。また、今はその市場にいなくてもFacebookやGoogleが始めた瞬間につぶされてしまいうる領域は避けるのが無難だろう。
  1.  市場や業界が変わったときにそのアイディアは生存しうるのか?
    法律が変わったり、新しいテクノロジーが出現したりする可能性が高ければ、そのアイディアが実現しても長続きしにくいだろう。ワープロをつくってもパソコンの台頭によって、必要なくなるといったことを例にとればわかりやすいのではないだろうか。

■ アイディアを整理するキャンバス

あなたがIdeateしたアイディアを深堀りさせたいときは以下のようなキャンバス(枠組み)を利用すると進めやすく、今後のプレゼンや資料づくりにも役立ってくるので活用してはいかがだろうか。

① Value Proposition Canvas (ex.EVERNOTE)

freshtrax--DT-ideation--cambus
上の図はEVERNOTEを例にこのキャンバスを埋めたものなので、参考にして欲しい。
Productと書かれた四角の枠の中には、プロダクトまたはサービスであるEVERNOTEの利点と、特徴、また生み出されるエクスペリエンスを。Customerと書かれる円の枠内にはEVERNOTEがターゲットとした顧客のニーズ、求めること、また恐れとなりうる要素。Substitudeの中には、代替となりうる既存製品やサービスの活用方をまとめた。

②  Business Idea Canvas

freshtrax--lean-canvas-

①のValue Proposition Canvasで整理できたアイディアをより掘り下げ、ビジネスプランに近いものを作るときはBusiness Idea Canvas を活用しよう。ポストイットでどんどんと番号順に枠を埋めて、ビジネスプランのドキュメントづくりにも十分な状態にもっていこう。

Factors

  1. Customer Segments : ターゲットとなる顧客層
  2. Problem : 解決したい問題
  3. Unique Value Proposition : なにがユニークでバリューがあるのか
  4. The “Wow!” : ユーザーがみたときに驚きや感動をどうやって与えるか
  5. Solution : 解決策
  6. Channel : どういうルートでそれを届けるか
  7. Revenue Streams : 売り上げがどういう方向で届くのか
  8. Cost Structure : どのくらいのコストがかかるのか
  9. Key Metrics : 上手く機能しているのか評価する指針
  10. Unfair Advantage : あなたが(あなたの組織、会社が)やるアドバンテージ
    ex.) ネットワーク、資産、文化背景etc..

まとめ

以上がデザイン思考の3つ目のプロセスであるIdeateの入門的な部分となるが、なんとなく理解できただろうか?これらは実践してみることで最も身に付くので、すぐにでも行動に移して頭だけではなく身体で覚えてしまいましょう。次回はIdeateで磨いたあなたのアイディアをプロトタイプとしてつくるときのポイントを述べるのでお楽しみに。

次回のオンラインセミナー
12月17日 (木) 11am-11:30am (日本時間)
デザイン思考のプロセスの4つ目である「Prototype(試作)」に注目して、その詳細と方法を考察します。ご登録はEventbriteからお願い致します。

日本の企業に世界最高のイノベーションメソッドを

イノベーション創出サービスを提供するbtraxでは、イノベーションの最先端を行く本場サンフランシスコ・シリコンバレーにて、デザイン思考や、ユーザー中心デザインなど、新プロダクト・サービス発案のメソッドを通じ新規事業の創出サポートを提供しています。このプログラムはイノベーションを生み出すための人材開発にも貢献します。

海外展開のノウハウ、スタートアップ企業とのネットワーキング等も直接体験をするイノベーションブースターの詳細はこちらから。資料請求はお気軽にtokyo@btrax.comまでご連絡下さい。

 

ヒトと技術をデザインでつなぐコミュニティワークスペース in San Francsico

banner-dhaus 

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有