【締め切り間近】プログラムの応募は6月23日(金)まで! Global Challenge! STARTUP TEAM FUKUOKA

freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • Yuichi Shiga

    Yuichi Shiga

    Software Engineer

    Lead developer. He loves leading-edge technology, programming, application development. He is focusing on development of the Internet of Things at btrax. He also has skills of web applications development and mobile apps, he often develops applications on the weekend.

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Aug 12, 2015

main-pic

世界に羽ばたけ!英語とiPhone開発(Swift)を同時に学ぶおすすめの方法

近年、英語学習に加えて、プログラミング学習も人気が出てきている。アメリカのオバマ大統領やザッカーバーグ、故スティーブ・ジョブズなどもプログラミングの学習と教育の重要性を語っているように、プログラミングができることで広がる可能性は大きい。また、アプリを作ってストアに公開すれば、世界中の人に使ってもらえる環境が整った今、国内市場だけにとどまる理由はなく、英語とプログラミングの両方の必要性はますます増している。今回は、プログラミングの中でももっとも人気があるiPhoneのアプリ開発と、英語の両方を同時に学ぶ方法について紹介しよう。

関連: 英語が出来るとこんなにも広がる可能性

プログラミングはもうそんなに難しくない

とはいっても、プログラミングと聞くと尻込みする人も多いだろう。しかし、技術は進化しており、簡単なiPhoneアプリを作るくらいなら、そこまで難しくなくなっている。

数学ができないとプログラミングができないというのはよくある思い込みだ。簡単なアプリを作る場合、複雑な計算は必要なく、ルールに沿って記載していくという点では、数学よりも国語に近い部分すらある

iPhoneアプリの開発は、Xcodeというすぐれたツールによって、UIはパワーポイントのような画面である程度まで作ることができる。またプログラミング言語も、難解だったObjective-Cだけだったのが、新言語のSwiftが登場したことで、初学者にも馴染みやすいものとなった。

xcode
ストーリーボードという仕組みで直感的にUIを作っていくことができる

アメリカではエンジニア(プログラマ)はモテる職業

「あなたエンジニアだからモテるでしょ」 アメリカに来て言われて一番驚いたのがこの言葉だ。

私自身がエンジニアなのでとても残念だが、日本ではエンジニアはどちらかというとモテない仕事だと思う。年収が低いイメージがあるのと、デスマーチなどの言葉があるように、過酷な仕事というイメージが強いのもあるだろう。合コンでも、女子ウケがよいということはあまりない。

しかしアメリカでは、収入の高い仕事の代名詞となっており、女性にもモテるらしい。金髪美女の彼女がほしいなら、エンジニアになるのが近道だ。それでは、英語とプログラミング、特にSwiftでのiPhoneアプリ開発を学ぶ方法を紹介しよう。

関連: シリコンバレーのエンジニアは本当にモテるのか?

1. 見て学ぶ

もっとも分かりやすくおすすめなのが、チュートリアルの動画を見ることだ。iOSの開発ツールのXcodeの使い方は本では分かりにくい。また、動画であれば英語が理解できなくても、内容は理解できることが多い。

YouTube

YouTubeには多くのチュートリアル動画が公開されている。特定の機能についての解説動画だけでなく、開発の方法を一からシリーズで解説していくものも多い。

YouTubeにはリスニングが苦手な人にもうれしい機能がある。まず、再生速度を0.5倍にすることができる。また、英語字幕を表示することができる。字幕は動画の音声から自動生成される場合が多いが、英語であればかなり高い精度で生成される。再生速度も字幕も、動画右下のメニューから設定を行える。

iOS Development with Swift Tutorials

チュートリアル動画を多数公開しているthenewbostonのチュートリアル動画

Developing iOS 8 Apps with Swift

スタンフォード大学が提供するSwiftによるiOS開発の授業。丁寧に解説を行っている。

他にも多数の動画がある。基本を押さえた後は、「TableView」などというように、自分が知りたい内容の動画をキーワードで検索するとよいだろう。

udemy

「udemy」は専門的な技能・知識を持った個人がオンラインコース を提供できるC2Cの教育プラットフォームのパイオニアで、ベネッセとも提携を行っている。すでにコースの数は30,000を超えており、
iOS開発に関する多くの講座が公開されている。初心者向けのものも多いが、実際のゲームを作る様子をステップバイステップで解説してくれるような、ある程度知識がある人にも勉強になるものもある。 価格は数百ドルで、動画の長さも10時間以上のボリュームのものが多い。

udemy
udemyには300を超えるiPhone開発に関する動画がある

2. 読んで学ぶ

最新のドキュメントは翻訳が遅れる、また翻訳されないことも多く、英語のドキュメントを読むことが重要となっている。また、バグやエラー困ったときも、英語のほうが解決方法が早く見つかることが多い。

公式ドキュメント

AppleのSwiftについての公式ドキュメント。内容が最新で、もっとも信頼性が高いが、少々難解で長いので初めはチュートリアルから行ったほうがよいかもしれない。
The Swift Programming Language

チュートリアルサイト

文章とスクリーンショットで開発の方法を紹介しているサイトが多くある。動画と比べると情報量は落ちるため、経験が少ない初めのうちは理解できないことも多いが、全体をすぐに把握できるため慣れてくると動画よりも便利な場合が多い。

多数のサイトがあるが、丁寧で充実したチュートリアルが売りのraywenderlich.comがおすすめだ。動画のチュートリアルも基本的に有料だが提供している。

Kindleの洋書

アメリカでは日本よりも電子書籍が普及しており、技術書も必ずといっていいほど翻訳される。また、個人が作った解説書のようなコンテンツも見つけることができる。日本のAmazonでも検索すれば洋書の技術書が見つかる。ただ、分量も多いので読むのは少し大変だ。チュートリアル等でなれてから、読むのがよいと思う。

Kindleの書籍の例

3. 交流して学ぶ

多数のエンジニア、iOSの開発者のグループが存在する。最新の情報がやりとりしたり、質問を投稿することもできる。

Stackoverflow

エンジニアの巨大Q&Aサイト。その情報量は圧倒的で、ほとんどのエラーの原因はここで調べることができる。回答もスクリーンショットを使うなど詳しいものが多い。誰でも登録して質問できるので困ったら気軽に聞いてみよう。Stackoverflow

SNSのコミュニティ

Google+には、Google+ Community iOS Developersのような多数のiOSエンジニアが集まり、情報交換を行っているグループがある。FacebookにもSwift iOS Developmentもようなグループが多数ある。

アプリの世界は日進月歩 情報はすぐに古くなる

アプリの開発技術は日々進歩している。iOS自体のバージョンも毎年上がるし、開発ツールのXcodeのバージョンも上がる。さらに開発言語のSwiftは新しい言語であり、頻繁にバージョンが上がっている。古いやり方を解説した動画やサイトがそのまま残っていることが多いので注意しよう。動画やサイトには、iOSやXcode、Swiftのバージョンが明記されているので、読む前にそれをチェックする癖をつけるようにしてほしい。

btraxではiOS開発と英語を学びたいインターンを募集中

最新のテクノロジーとユーザーエクスペリエンスを日々研究、開発しているbtrax社では、現在、米国市場向けのモバイルアプリ(iOS)を開発している。米国向けのモバイルアプリの開発とデザイン、グロースハックを行うインターンシップを募集している。インターンでは、自分の開発したアプリについてベイエリアでユーザーヒアリングを行ったり、米国のユーザーからフィードバックを得る機会が得られるなどの体験を提供する予定。また、業務の合間や休日にハッカソンに参加したり、セミナーに参加して、ベイエリアのエンジニアと交流することもできる。
詳しくはこちら

photo by hackNY.org

【締め切り間近】プログラムの応募は6月23日(金)まで!

■ btrax (ビートラックス) 社について■

btraxはサンフランシスコを拠点とし、世界の市場をターゲットにデザインソリューションで3つのサービスを提供しています。

  • Global Design Consulting
    世界市場に響くデザインソリューションでビジネスのグローバル展開をサポート
  • Innovation Booster 
    グローバル人材育成から新規事業開発までイノベーションに関するノウハウとメソッドを提供
  • D.Haus
    人と技術をデザインでつなぐコミュニティ型ワークスペース

私たちはイノベーションを創造し社会に新たな変化をもたらすことを社会的使命とし、お客様に最良のパートナーとして選ばれることを目標にこれからも挑戦し続けます。

btraxホームページ
btraxブログ「freshtrax
tokyo@btrax.comまでお気軽にお問い合わせください!

 ib-banner 

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有