【締め切り間近】プログラムの応募は6月23日(金)まで! Global Challenge! STARTUP TEAM FUKUOKA

freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • Mariko Higuchi

    Mariko Higuchi

    Marketing Specialist

    Marketing and PR specialist at btrax with a strong focus on Digital Marketing and Startups for Japanese audiences.

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Jun 23, 2015

4715554196_a569f802ed_b (3)

モバイルアプリの80%が数日で使われなくなる理由と対策

アプリの継続率向上にあの手この手を使い頭を悩ませている開発者やマーケターは多いのではないだろうか、今回はライターであり起業家でもあるAndrew ChenのブログからQuettraのアナリティクスデータを元にした、モバイルアプリのリテンション(保持/継続)分析と、そこから考えられるアプリを継続して利用してもらうための方法を紹介する。

Quettraとはモバイルアナリティクスのスタートアップで、匿名のモバイルデータベースに基いた1億2500万以上独占的なユーザーのプロフィールデータ/グラフを所有している。さらにQuettraのサービスにははユーザのアプリグラフという、ユーザのiOSまたはAndroidデバイスにどんなアプリがインストールされているかを調べる機能がある。そしてその情報を彼らが開発したシステムでビッグデータを処理し、それらのアプリからユーザの特性を把握することができる。

平均的なGoogle Playアプリのリテンション(保持/継続)率

下のグラフは、始めにインストールされてから経過した日数と何パーセントのユーザーがアクティブであるのかを表したリテンション率のグラフである。

スクリーンショット 2015-06-23 13.57.50

「アプリをダウンロードしたユーザーの40%は7日間アクティブである」とはよく言われているが、データによると、平均で最初のインストールから3日以内に77%の DAUユーザーを失っている。30日以内には90%、90日以内には95%以上のユーザーを失っている。言い換えると、数ヶ月以内でほどんど全てのユーザーを失っていることになる。そのとこから15,000万のGoogle Playストアにあるアプリはわずか何千のトラフィックしか維持していないといえる。

QuettraのSEOであるAnkit Jainは以下のようにコメントした。

『ユーザーは沢山のアプリを試すが、3〜7日以内にどのアプリを使わないかを決める。きちんとしたアプリはほどんどのユーザーが7日間以上使用している。成功のカギはどれだけのユーザーを3〜7日の期間に繋ぎ止めておけるかどうかにかかっている。』

Andrewの見解によると、アプリの使用頻度を上げるためにはプロダクトの紹介方法、アプリで提供される手順、そしてなにがアプリの使用頻度を促進させるトリガーとしてあるのかということを探る必要がある。これは通常、最初の日の使用法に焦点をあてられる。そして、何度もリマインダーメールを送ったとしても、長期間でみた数字を動かすのは難しいと考えられる。

しかしながら、DAUユーザーが減っていくというのは、彼らがすぐにアクティブユーザーではなくなるということではない。彼らはアプリを週に1度づつ、または月に数回使用しているであろう。

What factors influence DAU/MAU?の記事で記述されているように、それぞれのアプリにはそれぞれのユーザー行動のパターンがある。DAUを失ったからといってMAUをまだ失ったわけではない。何故ならそれには2つの相関関係があるからだ。あなたは前者なしでは後者を維持することはできない。

アプリのプラットフォームをよくするためにはどうすればよいのか?

二番目のグラフではGoogle Playのランキングに基づいたリテンション曲線を比較することができる。このデータはとても明確で相関関係がある。

android_retention-1024x688-1

ランキング上位のアプリの1日のリテンション率は高い。そして30日目でも高い数値となっている。しかしながら、面白いことに、1日目から30日目への減少は他のアプリでも同じように見られる。言い換えると、ユーザーたちはすぐに使いやすいアプリを見つけ、最初の週はそれを繰り返し使用する。その後は平均的なアプリと同じスピードでリテンション率が落ちていく。

リテンション率を向上させる方法はプッシュ通知やメールを送ること以外にもある

リテンション率を向上させる1番の得策はユーザーが自分でアプリのセットアップをつまずかずに完了できるように、最初の訪問に細心の注意を払うということだ。

ユーザー達が最初のアプリのセットアップをスムーズに行えることはアプリの成功に繋がっている。そしてこれらの特徴はデスクトップやモバイルなどデバイスによって左右されるものではなく、基本的に同じような傾向が見られる。

プロダクトの種類別にセットアップの事例を説明する。

  • ブログサービスの場合: 初回のセットアップでユーザーにテーマを選ばせ、実際に記事を投稿するところまでサポートすることで、あなたのサービスにユーザーをエンゲージさせることに成功する。そうすることで、初回の離脱率は大幅に減ってくるだろう。
  • SNSの場合: まずはユーザーに連絡先を登録してもらい、そうすることで親しい人とそのSNS上で繋がる。そこではじめてフィードを体験して貰い、また友人申請を通じて周りと繋がって行くことに慣れてもらう。

アプリのリテンション率を上げるためには

DAU数の効果をすぐにあげたいがためにやってしまいがちな定期メールを送り続けることよりも、ユーザーが何を求めているかを分析し、スムーズにアプリを使用できるようサポートすることに注力してみてはどうだろうか。それを行うことにより、行動の質を高くするばかりでなく、多くのユーザーを取り込むことができると考えられる。

参考記事:New data shows losing 80% of mobile users is normal, and why the best apps do better

参考画像元

【締め切り間近】プログラムの応募は6月23日(金)まで!

  

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有