freshtrax

ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中

  • Brandon K. Hill

    Brandon K. Hill

    CEO of btrax, Inc

    CEO of btrax, Inc - Design Mentor to Startup Weekend - Contributor to TechCrunch Japan - Guest Speaker at UC Berkeley Asia Business Conference - Guest Speaker at Social Media Week Tokyo - Guest Speaker at 500Startups Japan Day

  • → 記事一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly
  • Mar 1, 2012

6871439745_303755d17a_b

Pinterestはどこまで合法なのか?ある女性のストーリー

最近日本でもアメリカでも、最も大きな話題を呼んでいるサービスとして多くの方々がまず思い浮かぶのは、恐らくPinterest(ピンタレスト)だろう。ピンタレストは、気にいった画像をウェブ上のボードに貼りつけるサービスで、ユーザーはカテゴリ設定し、写真を投稿する。その後、他のユーザーから様々なコメントがつくなど、写真をきっかけにコミュニケーションをとることができる。そのおしゃれなインターフェース、使いやすいUI/UX, テーマ別に品質の高い写真が一つのページに集約される実用性等を理由に、女性を中心に急激に人気が高まっている。
参考記事: *女性ユーザーが凄い!「Pinterest」ピンタレスト

このサービスでは、Web上で見つけた自分の気に入った写真をテーマ別に並べて楽しむのが主な利用方法であるが、よく考えると、他人が権利を所有する写真ファイルを転載しているので、以前よりその合法性が気になっていた。プロが撮った写真を販売するGetty Imagesに代表されるようなストックフォトを無断で利用すれば権利違反になる可能性があるし、実際に賠償請求も行われている。僕の友人が撮った写真を、某大手航空会社が無断で企業ブログに転載したことで、彼にそれなりの額の賠償金が支払われたケースもある。

今回ご紹介するケースもピンタレストの法的側面に注目した1人のアメリカ人の女性によるストーリーである。

彼女の名はクリステン。ある日彼女はピンタレストの合法性を調査する事を思いついた。彼女は弁護士でありながら写真を撮るのが趣味であったのがきっかけである。結果的に彼女は自分が発見した事実に驚愕し、最終的にはピンタレストのボードを完全に閉鎖するまでに至った。

クリステンは以前に、フォトグラファー達がFacebook上での著作権違反を抗議しているのを目の当たりにした。Facebookが著作権の違反で騒がれるのに、ピンタレストが騒がれないのはなぜか、と彼女は不思議に感じた。

彼女はピンタレストの使用条件の詳細を確認する事にした。その結果、ピンタレストが定めるところによると、ユーザー達がコピーあるいは再コピーするものに対しての全責任は、ユーザー自身にあることが明記されており、ユーザーが写真をピンタレストに掲載する際には、自身がその写真を所有している、もしくは、写真に対するライセンス等、権利所有者からその行為に関する明確な許可を獲得してる必要がある事が分かった。

彼女曰く、「その時すぐに頭に浮かんだのは、私が最近他のサイトで手に入れピンタレストに掲載したとても素晴らしい写真でした。その写真家へのクレジットを記載したとしても、恐らくどんなに頑張った所でそれらの写真を私が所有したり、ライセンス、合意書、リリース等の権利をその写真家から得ることはまず不可能なことだと思ったのです」

しかしピンタレストは写真のコピー転載をむしろ奨励しているサービスの様に感じられる。その一方で、そのような行為が違法になる可能性があるという事はクリステンには到底信じられなかった。彼女はさらに掘り下げていった。

彼女は連邦の著作権法に目を向けて公正使用に関するセクションを見つけた。著作権を持つ作品を許可無しに使用しても良いのは、その作品を議論する、コメントする、報告する、教材に使う、リサーチに使用する際だけである。作品をコピーするというのはそのいずれのカテゴリーにも入っていない。

ピンタレストユーザーにとってわずかな希望は、ケリー対アリバ・ソフト・コーポレーションの裁判の結果だ。とクリステンは書いている。ひとりの写真家が写真を無断で表示したという事であるサーチエンジンを起訴した。しかしその告訴は取り下げられる結果となった。サーチエンジン側の勝訴に終わったのは、写真のサムネイルを使用しただけで作品全体を使用したのではない、という理由からだった。

しかし、サムネイルだけの利用であっても常に公正に使用されているとは必ずしも言えないだろう。もし作品の必要な一部だけがコピーされるのなら公正な使用と言えなくも無い。だがピンタレストの場合はオリジナルの作品の全画を載せている。これは明らかな不正利用であると感じられた。

ピンタレストの利用規約によると:
「あなたがこのサイト、アプリケーション、サービス、そしてサイトの内容へアクセスして使用する事によって生じるすべてのリスクは、あなた自身の問題だという事を認識して合意する」とある。

さらに、ピンタレストはすべての非難や起こりえる起訴費用をそのユーザーに当てている。それにはこう書かれている:
「あなたは、Cold Brew Labsとその役員、ディレクター、従業員、エージェントがいかなるクレーム、債務、損害、紛失、そして出費とは無縁であると弁護、保障することに同意する。それには(ⅰ)サイト、アプリケーション、サービス、サイトの内容、へのアクセスと使用、(ⅱ)会員内容、 または(ⅲ)これらの規定に対する違反などから生じる法的あるいは経理的な費用をも含む」

これはどういう事かというと、もし写真家があなたがピンタレスト上で画像を不法にコピーしたことであなたを起訴したとしよう。あなたは自分の弁護士だけではなく、ピンタレストの弁護士にも支払わなければならない。それだけではない。被告は自身への罰金だけではなく、ピンタレストの罰金も払わねばならない。

クリステンは、不法行為を可能にするという点でピンタレストが以前に問題になったP2P型音楽ファイルシェアサービス、Napsterに似ているとする。度重なる裁判の後、破滅したのはNapsterだけではなかった。音楽をダウンロードした12才の少女達も起訴されたのである。

彼女は自身が出した結論として下記のように締めくくっている:

「私の最初の反応は多分あなた方と同じです。なぜ作品をコピーしてはいけないのか? 作者にクレジットを記載しているし、もっと彼らが世間に知られて欲しいと思っているだけなのに。もし誰かが私の写真を掲載してくれたとしたら私はすごく嬉しいのです。でも思いました、それは私のフォトグラファー達に対する一方的な思い込みである可能性があると。ここでとても重要なポイントになるのは法律的にも道徳的にもどのような決断がなされるかは私が決める事ではない、という事です」

その後彼女は自身のピンタレストアカウントをクローズした。

 

筆者: Brandon K. Hill / CEO, btrax, Inc.

■ btrax (ビートラックス) 社について■

btraxはサンフランシスコを拠点とし、世界の市場をターゲットにデザインソリューションで3つのサービスを提供しています。

  • Global Design Consulting
    世界市場に響くデザインソリューションでビジネスのグローバル展開をサポート
  • Innovation Booster 
    グローバル人材育成から新規事業開発までイノベーションに関するノウハウとメソッドを提供
  • D.Haus
    人と技術をデザインでつなぐコミュニティ型ワークスペース

私たちはイノベーションを創造し社会に新たな変化をもたらすことを社会的使命とし、お客様に最良のパートナーとして選ばれることを目標にこれからも挑戦し続けます。

btraxホームページ
btraxブログ「freshtrax
tokyo@btrax.comまでお気軽にお問い合わせください!

 ib-banner 

Like us on Facebook

Scroll to top

シリコンバレーから最新情報をゲット!

 

btrax-logo-100

サンフランシスコに本社を構えるクリエイティブエージェンシーbtraxのニュースレターに登録して最新の情報をいち早くゲットしませんか?

 

・オウンドメディアfreshtrax 今月の注目記事

・CEO Brandonの無料オンラインセミナー情報

・最新サービス・現地イベント情報

 

Subscribe!
Twitterで共有
Facebookで共有
はてなブックマークに追加
pocketで共有
Lineで共有